初心者から経験者まで使える株式用語・証券用語集・経済用語集です。

株式用語集わ行


あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


ワラント債
正式には新株引受権付き社債と呼び、社債として償還まで保有すれば利子を得ることができ、それ以外に決められた株数を決められた価格(権利行使価格)で買う権利がついているので、株価が値上がりした場合、その一定の価格で一定の数量(付与率)の株券を買い付け、時価で売却することによってキャピタル・ゲインを狙うことも出来る。分離型と非分離型があるが、外債はすべて分離型で国内債も多くは分離型である。分離型とは、債券部分とワラント部分が分離され、債券とは別に新株引受権証書が発行される形式をいう。

ワールドダラー
ワールドダラーとは、FRBが米国内に供給したお金(マネタリーベース)と各国中央銀行が外貨準備として持つドルとの合計をいう。世界の市場にどれだけドルが出回っているかを測る指標である。

割引債
割引債とは、償還まで途中の利息はつかないが、発行価格が償還価格より低く、その差額が利息に相当する債券を言う。

腕力相場
人為的に強引に買い上げて、腕力で相場をつくること。
腕力相場



ナビゲーション