本日の株式相場概況と無駄話

マーケットトーク


株のことならカブドットコム証券

2020年1月27日 月曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,343.51 -483.67 -2.03
TOPIX 1,702.57 -27.87 -1.61

米国株は、ダウは4日続落、ナスダックは反落。朝方は複数の主要企業の決算が好感され買いが先行したが、米国で2人目の新型肺炎の感染者が見つかるなど、今後の感染拡大に伴う経済への影響が懸念され売りが優勢となった。

日経平均は続落。 中国の武漢市で発生した新型肺炎の感染が予想を上回るペースで拡大し、経済活動に与える影響が懸念されリスクオフの動きとなった。日銀によるETF買いも入っていたと思われますが、ほぼ全面安で大引け。潜伏期間中ににも人にうつるとか、うつらないとか、今後どこまで感染が広がるのか予断を許さなくなってきました。中国が突貫工事で専用の病院を建設していることを見ても、実際の患者数は発表の2~3倍はいるのかもしれません。

本日の取引:なし
持ち越し: なし




2020年1月24日 金曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,827.18 +31.74 +0.13
TOPIX 1,730.44 -0.06 -0.00

米国株は、ダウは小幅に3日続落、ナスダックは続伸。新型肺炎の感染拡大を受け、中国政府が武漢市に加えて新たに2都市の交通機関の運行制限をしたことで経済への影響が懸念され売りが先行。その後、世界保健機関(WHO)が非常事態宣言を見送ったことから過度な懸念が和らぎ、ダウは下げ幅を縮小した。ナスダックは史上最高値を更新。

日経平均は反発。米国株はまちまちで戻ってきたが、インテルが引け後に発表した決算が市場予想を上回ったことや、日経平均は昨日大きく下げた反動もあり朝方は買いが先行した。ただ、為替がやや円高基調であることや、新型肺炎の感染拡大などが心理的重しとなり、一時マイナス圏に沈むなど上値は重かった。結局、今週は東証1部の売買代金が一度も2兆円を超えられず、薄商いが続いていることから先物で振らされやすい状況になっている。

本日の取引:なし
持ち越し: なし




2020年1月23日 木曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,795.44 -235.91 -0.98
TOPIX 1,730.50 -13.63 -0.78

米国株は、ダウは続落、ナスダックは反発。売上高が市場予想を上回ったIBM、半導体メーカー増産を要請したアップル、アナリストが目標株価を引き上げたインテルがなどが買われたが、新型肺炎の感染拡大を受け上値は重かった。

日経平均は反落。米国株はまちまちで戻ってきたが、為替の円高進行を受け売り先行での始まりとなった。前場は下げ渋る場面もあったが、上海株が下げ幅を拡大すると日経平均もジワジワと下げ幅を拡大し大引け。

中国の隠蔽体質は相変わらずで、今回も新型肺炎の早期封じ込めに失敗していますが、それでもSARS(重症急性呼吸器症候群)の時と比べればだいぶマシになりました。SARSは3~4ヶ月経ってから政府が正式に公表したのに対し、今回は1ヶ月程度ですから、中国にしては早く動いたと言えます。ただ、人の移動が増える春節というタイミングの悪さがあるので楽観はできませんが。

本日の取引:なし
持ち越し: なし




2020年1月20日 月曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 24,083.51 +42.25 +0.18
TOPIX 1,744.16 +8.72 +0.50

週末の米国株は、ダウは5日続伸、ナスダックは3日続伸。中国の鉱工業生産や小売売上高が市場予想を上回り、米国の12月住宅着工件数が大幅な上振れとなったことが好感された。ただ、連日で史上最高値を更新していることから利益確定売りも出て上値は重かった。

日経平均は3日続伸。米国株主要3指数がそろって史上最高値を更新した流れを受け買い先行での始まりとなった。ただ、国内は決算発表の本格化を前にこれと言った材料はなく、今夜の米国株式市場がキング牧師の誕生日のため休場となることから外国人の参加者が減少。日経平均は終日50円程度の値幅で商いも非常に低調だった。

本日の取引:なし
持ち越し: なし



2020年1月17日 金曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 24,041.26 +108.13 +0.45
TOPIX 1,735.44 +6.72 +0.39

米国株は、ダウは4日続伸、ナスダックは続伸。概ね好調な企業決算や、週間新規失業保険申請件数が市場予想より減少し
、12月の小売売上高も堅調な内容となったことで終日堅調な推移となった。主要3指数はそろって史上最高値を更新。

日経平均は続伸。米国株高や為替の円安基調を受け買い先行での始まりとなった。朝高後は利益確定売りに押される場面もあったが、中国の経済指標がまずまずの内容だったことから市場に安心感が広がり、節目の24,000円台を終日維持して大引け。それにしても米国株の上昇が止まりません。

本日の取引:1社 1勝 +6,600円
持ち越し: なし



2020年1月16日 木曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,933.13 +16.55 +0.07
TOPIX 1,728.72 -2.34 -0.14

米国株は、ダウは3日続伸、ナスダックは反発。米中政府が貿易協議の第1段階の合意文書に署名したが、相場には既に織り込み済みであることから、影響は限定的だった。

日経平均は小幅に反発。米中政府が貿易協議の第1段階の合意文書に署名したものの、合意の内容は以前から報道されていたものと大きく変わらないことから、特に材料視されることもなく、終日模様眺めムードが強い展開となった。24,000円になると本当に上値が重いですね。

本日の取引:なし
持ち越し: なし



2020年1月15日 水曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,916.58 -108.59 -0.45
TOPIX 1,731.06 -9.47 -0.54

米国株は、ダウは続伸、ナスダックは反落。2019年の純利益が約4兆円となったJPモルガン・チェースなど大手行の決算が好感されたが、米中が貿易協議「第1段階」の合意文書に署名しても、米国は大統領選後までは追加関税を引き下げないとブルームバーグ通信が伝えると上値は重くなった。

日経平均は反落。前日の米国株は一時最高値を更新したものの、11月の米大統領選後まで対中関税を維持する見通しだという報道を受けまちまちで戻ってくる。これを受け小幅安で寄り付きた後も、米中の合意文書署名を前に材料出尽くしを警戒した利益確定売りが優勢だった

本日の取引:なし
持ち越し: なし



2020年1月14日 火曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 24,025.17 +174.60 +0.73
TOPIX 1,740.53 +5.37 +0.31

週明けの米国株は、ダウ・ナスダックとも上昇。米中貿易協議の「第1段階」の合意文書への署名が迫り、トランプ政権がが中国を為替操作国リストから外す方向で検討していると報じたことが好感された。S&P500とナスダック総合は史上最高値を更新。

日経平均は3日続伸。米国株高やドル円が1ドル110円台に乗せるなど円安方向に振れたことを好感し買い先行での始まりとなった。ただ、24,000円台に乗せると上値は重くなり、寄り付き後は膠着感が強い展開となった。まあ、米国による中国の為替操作国の解除はおまけみたいなもので、中東情勢の緊迫化を受け先物を売ってしまった向きの買い戻しが主体って感じですね。

本日の取引:1社 1勝 +7,000円
持ち越し: なし



2020年1月10日 金曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,850.57 +110.70 +0.47
TOPIX 1,735.16 +6.11 +0.35

米国株は、ダウ・ナスダックとも続伸。中東で最悪な事態が回避されたことや、中国商務省の報道官が米中貿易協議の第1段階の合意書について、劉鶴副首相が渡米し15日にも署名すると、具体的な日程が示されたことも好感された。主要3指数はそろって史上最高値を更新した。

日経平均は続伸。米国株式市場で主要3指数が史上最高値を更新した流れを受け、買い先行での始まりとなった。ただ、昨日500円を超える上昇となった反動や、3連休前ということもあり買い一巡後は上値が重くなった。それでも為替の円安基調が支えとなり3桁の上昇で大引け。年明けからバタバタした展開が続きましたが、これで落ち着くのかどうか?

本日の取引:なし
持ち越し: なし



2020年1月9日 木曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,739.87 +535.11 +2.31
TOPIX 1,729.05 +27.65 +1.63

米国株は、ダウ・ナスダックとも反発。トランプ大統領が演説で「軍事力を行使したくはない」とイランへの武力行使を否定したことで、何を言うかと心配していた市場には安心感が広がった。

日経平均は反発。トランプ大統領がイランへの軍事力行使の必要性を否定したことで米国株が堅調な展開となり、日本株も円安を追い風に大幅高となった。米国にしてみれば司令官の首をとって、その代償が昨日の人的被害ゼロのミサイル攻撃で終わるのであれば、追加でイランを攻撃する理由はありませんし、当然の選択でしょう。米国もイランも戦争は避けたいので国家間ではこれで手打ちのような形にするでしょうが、イランの民兵組織などはこんな報復では納得いかないでしょうから、テロなどのリスクは以前より増大したと言えます。

本日の取引:1社 1勝 +9,000円
持ち越し: なし



2020年1月8日 水曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,204.76 -370.96 -1.57
TOPIX 1,701.40 -23.65 -1.37

米国株は、ダウ・ナスダックとも反落。引き続き米国とイランの対立を受け中東情勢が悪化するとの警戒感から利益確定売りが優勢となった。

日経平均は反落。日本時間午前7時半ごろに、イランの革命防衛隊が米軍の駐留するイラクの基地に対してミサイル攻撃をしたことで、朝から売りが優勢となった。日経平均の下げ幅は一時600円を超える場面もあったが、ヘッドラインでイラン外相の「事態のエスカレートや報復を求めない」との発言が伝えられると下げ幅を縮小する展開となった。個人的見解ですが、イランにしてみればもっと緊張や被害が拡大する場所を狙うこともできたと思いますが、1回これで米国の出方を見るということなんでしょう。革命防衛隊が自制しても米国を狙うテロなどのリスクは増大したわけですから、トランプ氏も拙速な判断でソレイマニ司令官を殺害したことを悔いているのかもしれません。先程投稿されたトランプ氏の「今のところ順調だ!」というツイートを見ると、何も考えていないのかもしれませんが。

本日の取引:1社 1勝 +10,000円
持ち越し: なし



2020年1月7日 火曜日
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,575.72 +370.86 +1.60
TOPIX 1,725.05 +27.56 +1.62

米国株は、ダウ・ナスダックとも反発。米国とイランの対立を受け中東情勢が悪化するとの警戒感から売りが先行し、ダウの下げ幅は一時200ドルを超えたが、戦争に発展するとの見方は少なく売り一巡後は押し目買いが優勢となった。

日経平均は反発。週明けの米国株が堅調な展開となったことで、寄りから先物にショート・カバーが入り終日堅調な展開となった。ドル/円相場も1ドル108円ミドルまで円安に振れたことで輸出関連株が上昇し指数を牽引した。中東戦争が起きるかどうかは専門家の意見に任せるとして、世界的な地政学リスクが高まりマーケットが不安定になればFRBが追加利下げに動く可能性は高まりそうです。

本日の取引:なし
持ち越し: なし



2020年1月6日 月曜日(大発会)
指標 終値 前日比 騰落率
日経平均 23,204.86 -451.76 -1.91
TOPIX 1,697.49 -23.87 -1.39

あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願いいたします

週末の米国株は、ダウ・ナスダックとも反落。イラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊を指揮してきたカセム・ソレイマニ司令官が米軍の空爆で死亡したことを受け、中東情勢が悪化するとの警戒感から売りが優勢となった。

日経平均は3日続落。米国がイラン革命防衛隊の精鋭部隊司令官を殺害したことを受け、朝からリスク回避の売りが優勢となった。ただ、ドル円が1ドル108円前後で止まっているので、今のところ極端なリスクオフにはなっていません。ドルは貴重なプラス金利の通貨ということもあるんでしょう。米国市場もまだこの問題を消化しているとは言えないので、今晩のマーケットがどう動くか注目されます。

ここ5年間の大発会は株価が大きく変動していますが、年間通してのパフォーマンスにはあまり関係ないのかなと。

2016年 -582.73

2017年 +479.79

2018年 +741.39

2019年 -452.81

本日の取引:なし
持ち越し: なし