本日の株式相場概況と無駄話

マーケットトーク



2002年8月9日 日経平均株価9,999.79(+200.22)
NYが3連騰し、日本も本日は買い優勢でした。しかし、SQだったことを考えると、出来高は依然少なく不満が残ります。
どうも後場寄りなどを見ていると、先物に仕掛け的な買いが入り相場を持ち上げたように感じました。来週も先物次第で、上下に大きく振られる相場になりそうですね。

本日は東レを利食い、荏原をトントン切りしました。(手数料分マイナス)これでポジションはアイダEの3000株だけです。ここ最近、どうも売買感覚がずれて来ました。少し休んだ方がいいのかな?

昨日テレビで面白い事を言っていました。大学の研究所の調査によると楽観的な人と、悲観的な人では寿命が7年も違うそうです。やはり楽観主義の方が体に良いのですね。

ところで、株は楽観VS悲観どちらが儲かっているのかな?調査すると面白いかも。




2002年8月8日 日経平均株価9,799.57(-34.83)
NYは続伸しましたが、こちらは反落してしまいました。ショートカバーがないので、よけい上値が重くなっているみたいです。

ここから普通に考えれば、現在のNY高は、FOMCでの利下げを織り込みに行った結果です。予想通り利下げがあっても、市場の反応はニュートラルもしなければ、急落となるでしょう。そして日本も、政府の危機感の欠如したマンネリ政策では、アメリカ離れは難しいですね。よく考える程、悲観的なシナリオしか出できません。では何故買ってるんだと言われそうですが、自分の感としか言いようがありません。しかし、自分が間違ったと思ったときは、躊躇なくポジションを逆転させる用意はあります。

それにしても毎日、暑いですねぇ~皆さん世界の最高気温は、何度だか知ってますか?さっきインターネットで調べたら
1921年7月8日にバスラ〔イラク〕で記録した58.8℃だそうです。凄い! 風呂より遥かに熱いです。

ちなみに最低気温は1983年7月21日に南極のヴォストーク基地〔ロシア〕で記録した-89.2℃です。ちょっと涼しくなりましたか?



2002年8月7日 日経平均株価9,834.40(+333.38)
今日は時間がないので簡単に。久しぶりに日経平均は大きく上昇しました。出来高が少ないのがちょっと不満ですが、当面の底割れは免れたようです。ここで政策の後押しがあれば、言うこと無いのですが、それは無理ですよね。



2002年8月6日 日経平均株価9,501.02(-203.91)
大幅に続落。バブル後の安値9420円にあと19円でした。マーケットは重苦しい雰囲気に包まれています。

しかし、もう少し様子を見てみなければ分かりませんが、外国人の売りも、どうやら昨日・今日で峠を越えたみたいに感じます。

本日は(3402)東レを1000株買いました。基本的に、ここからは強気でいきますが、不測の事態に備え、多少割高でも流動性のある株に投資した方がよいと考えました。それと、買い下がるのには500円以下の株がいいですね。

今日は、ばい菌が目に入り、腫れてしまって調子が悪いです。皆さんも暑い日が続いていますので、体調には気をつけて下さい。



2002年8月5日 日経平均株価9,704.93(-4.73 )
小幅でしたが今日で4日続落。金曜日のNYの大幅安の割りに下げなかったのは年金による買いでしょうか、しかしこんな事をいつまでやっているのでしょう?

今回の空売り規制は、市場からは相手にされませんでした。ショートが溜まっていない現在の日本で、こんな事をやっても、流動性を阻害するだけで意味が無いと言うのが分からないでしょうかね。まったく呆れてしまいます。

今、必要なのは買い手を増やすことです。株取引の税金など源泉・申告を合わせてたかが4000億位だったと思います。これを時限的に無税にしてしまえば良いのです。日経平均が1000円上がれば東証の時価総額が30兆円増えます。1万円なら300兆円です。

要は意図的にミニバブルを演出するのです。そうすれば1200兆円とも言われる、個人金融資産も動き出すと思います。8割の人が株はやらないと言ってますが、周りの人が儲かり始めれば我先にと、参入してくるでしょう。それが人間の性です。これで金融不安は遠のき、銀行の不良債権処理もスムーズに行くでしょう。少々、強引ですがこの位の事をしなければ、日本は衰弱して死を待つだけではないでしょうか本日は取引はありません。