財務分析における主な指標一覧

財務分析 指標一覧



主な財務指標 安全性、収益性、生産性、成長性の計算式とポイント
分類 名称 計算式 コメント
安全性 流動比率 流動資産÷流動負債 高いほど安全。100以下は注意。
安全性 当座比率 当座資産÷流動負債 高いほど安全。100以上が望ましい。
安全性 固定比率 固定資産÷自己資本 低いほど安全。100以下が望ましい。
安全性 固定長期適合率 固定資産÷(自己資本+固定負債) 低いほど安全。100を超えると危険。
安全性 経常収支比率 経常収入÷経常支出 高いほど安全。100以上が望ましい。
収益性 総資本利益率 経常利益÷総資本 高いほど良い。10を超えれば優秀。
収益性 株主資本利益率 当期利益÷株主資本 高いほど良い。10を超えれば優秀。
収益性 総資本回転率 売上高÷総資本 高いほど良い。
収益性 売上高利益率 利益÷売上高 高いほど良い。
生産性 労働生産性 付加価値÷従業員数 高いほど良い。
生産性 設備投資効率 粗付加価値÷有形固定資産 大きいほど投資効率が高い。
生産性 労働分配率 人件費÷付加価値 平均5~6割。
成長性 株価キャッシュフロー倍率 株価÷1株当たりキャッシュフロー 低いほど割安。
成長性 総資本増加率 (当期総資本-前期総資本)÷前期総資本 高いほど良いが利益の伸びと整合してるかチェック。
成長性 売上高伸び率 (当期売上高-前期売上高)÷前期売上高 プラスであれば成長している。
成長性 経常利益伸び率 (当期経常利益-前期経常利益)÷前期経常利益 プラスであれば利益が伸びているが、会計処理で無理やり経常利益を捻出していないかチェック。



財務分析TOPに戻る